english

japansese

e-mail

星空観察ネットの広場

星空観察ネット勉強会

Study group **The Hosizora Net**

夜空メーター(伊藤芳春氏)の紹介

夜空メータープロジェクト 伊藤芳春

伊藤芳春先生が中心に進めている、夜空メーターによる夜空の明るさ環境調査のご紹介です。

夜空の明るさ環境

夜空の明るさによって星の見え方は変わります。山の中や田舎に行ったときに、星がとても輝いて見えて、いつもは見えない天の川が見えたという体験をしたことはありませんか?逆に、都会や街の灯りがたくさんある場所で、星がよく見えないことに驚いたということはないでしょうか?山の中や田舎では夜空が暗いので星は見えやすいのですが、街の灯りがたくさん場所では夜空が明るくなり、星が見えにくくなってしまうのです。

明るい中で明るいものを見るより、暗い中で明るいものを見る方が見えやすいですね。例えば、外からビルの窓を見て、電気の付いている部屋を探すとしましょう。昼と夜とではどちらが簡単に探せるでしょう?昼は外も明るいので、同じく明るい窓を外の明るさと区別するのは難しいですね。夜なら外は暗いので簡単に見分けが付きます。これと同じことが夜空と星にもおこっているのです。星の光はビルの窓よりずっと小さいですから、まわりの明るさと区別するのはもっと難しいです。夜空が明るければ弱い光の星は見えにくくなってしまいます。

電灯や照明器具によって、夜間にも活動ができるようになったり、より安全に暮らすことができるようになりましたが、必要以上に設置された電灯によって、夜空が明るくなりすぎて、星が見えにくくなってしまう(光害(ひかりがい))のは残念なことです。

今回の調査では、夜空メーターを使って身近な夜空の明るさを調べることが目的です。多くの人たちが協力することによって、たくさんの場所の夜空の明るさ環境、光害(ひかりがい)の度合いについて知ることができます。

これが夜空メーターだ!
夜空メーター2号機
夜空メーターとは

夜空メーターは夜空の明るさと夜空メーターの発光ダイオードの明るさを比較することで、夜空の明るさを数値で表すことができる装置です。この装置によって、多くの地点や方角、そして時間による夜空の明るさの違いを比較することができます。 夜空メーターの筒を測定したい夜空の方向に向けてのぞいてみると、まるく夜空が写っていて、その中心には発光ダイオードが見えるようになっています。発光ダイオードに流す電流を変えて、発光ダイオードの明るさを変化させます。最初は明るくしておき、徐々に暗くしていきます。そして発光ダイオードが周囲の夜空の色にとけ込んで見えなくなった、その時の電流の値を読み、夜空の明るさの測定値とします。

夜空メーターの使い方

夜空の明るさ環境を調べよう

用意するもの

赤いフィルムを貼った懐中電灯(電球側を赤いマニキュアで塗っても良い)、筆記用具、記録用紙、夜空メーター、方位磁針、星座早見盤

調査する場所

ふだん生活しているところから測ってもらうのが一番です。できれば、ある程度広く見回せるところがいいですね。

調査する日の天候

晴れの雲のない日が一番ですが、自分の都合の良い日で快晴を待っていたら、ほとんど観測できなくなってしまいます。雲があるときは、記録用紙に「東の空に薄雲」のように、メモをしておきましょう。

調査する空の方向

記録用紙には、北 高度10度・西 高度10度・南 高度10度・東 高度10度・天頂と代表的な星の方向、北極星・ミザール・カシオペヤ座γ・ベガ・アルタイル・デネブ・ペガスス座α・フォーマルハウト・アルデバラン・カペラ・おひつじ座αが載っています。 すべての方向が測定できない場合は、天頂だけでも測定してみてください。 東西南北の「高度10度」については、腕を伸ばし手を握ったとき小指が地平線だとすると親指が約10度になります。また夜空メータを覗いたとき、見える範囲の端から端までが約7度です。

調査をする前に

空の暗いところをしばらく見て、目を慣らしましょう。 記録用紙に調査結果を書くときや、星座早見盤を見るときに灯りが必要な場合は、赤い光の懐中電灯を使います。

ダウンロード
夜空メーター使い方説明書
PDF480KB
夜空メーター記録用紙
PDF264KBEXCEL20KB
関係論文
夜空メーターの製作と星空環境の測定 伊藤芳春 高田淑子
PDF776KB 宮城教育大学環境教育研究紀要(2004)
新聞で紹介されました
2007年9月12日 大崎タイムス ロ-カル版
 「夜空メーター」高評価
2005年12月13日 毎日新聞 地方版
 手作りで夜空メーター開発
2005年12月11日 毎日新聞 全国版
 雑記帳
調査結果報告

夜空メーター測定結果

夜空メーターを用いて夜空の明るさを測定した各地点での結果を表しています。 アイコン 青0〜4 水〜10 黄〜25 赤25〜 [mV]

  2005夜空メーター測定結果(9/28〜11/4)  

  2007夏の夜空メーター測定結果(8/5〜9/8,20〜22時)

  2007夏の夜空メーター測定結果(8/5〜9/8,22時以降)

  2007秋の夜空メーター測定結果(10/4〜11/14,20〜22時)

  2007秋の夜空メーター測定結果(10/4〜11/14,22時以降)

  2008冬の夜空メーター測定結果(1/15〜1/,20〜22時)  

  2008冬の夜空メーター測定結果(1/15〜1/,22時以降)

                  powered by google map

天文台通信の関連記事

天文台通信24号 天文台通信23号 天文台通信21号 天文台通信11号

宇宙の実験教室

星空から光害を考えよう

夜空メーターの入手方法

夜空の明るさ環境調査にご協力して頂ける方は、夜空メータープロジェクト係までお問い合わせください。

夜空メータープロジェクト係メールアドレス mueit_v01@yahoo.co.jp

Arricles

Dark Sky Meter Project / ITO, Yoshiharu

Environmental Measurement of Light Pollution by Dark Sky Meter.

Environment of Night Sky

The visibility a star changes depending on the brightness of the night sky. You might have experienced that the stars twinkle a lot when visiting the mountains or the country side and have seen the Milky Way, which you are usually unable to do. Conversely, you might have been surprised not to see the stars easily from a place with a lot of lights of the city and the town. It becomes difficult to see many stars in town because a lot of lights lighten the night sky, whereas you can easily see a lot of stars in the country where the night sky is dark.

You can see something bright in a dark place more easily than in a bright place. For example, when you are looking for a room light on by seeing windows of the building from outside, which is easier, looking for it in the daytime or the evening? It is bright outside in the daytime, so it is difficult to find bright windows from outside. It is dark outside in the evening, so you can easily find bright windows. Something similar happens between the night sky and stars. Light from a star is much fainter than a building window, so recognizing it is more difficult. If the night sky is not dark enough, faint stars can not be seen well.

We can work and live more safely at night by lighting equipments, but it is too bad that we can not see a lot of stars because too many lights make the night sky too bright (Light pollution).

In the research, we find out the night sky brightness of our neighbourhood with the Dark Sky Meter. If many people get together to do this research, we will be able to know the night sky environment in many places and how much light pollution influenced your home town night sky.

This is the Dark Sky Meter!
Dark Sky Meter 2

Dark Sky Meter

Dark Sky Meter is a device that can show the brightness of the night sky as a numerical value by comparing the brightness of the night sky with the brightness of the light emitting diode of the night sky meter. The difference in the brightness of the night sky over a wide range of points, directions, and time can be compared with this device.

You will see the light emitting diode in the centre of the field of view, against the background of the night sky, through the cylinder of the night sky meter. The brightness of the light emitting diode is changed by the current passing through the light emitting diode. It should be bright first, and it is darkened gradually. Then, the value of the current at which the light emitting diode can no longer be seen and becomes the colour of the background sky at that time is read, and this measurement is recorded as the brightness of the night sky.

How to use Dark Sky Meter

Investigate the Night Sky Environment

Things to prepare

Torch with red film (Or, you can paint the light side with red manicure. )、Pen and pencil set、Observing Report Sheet、Dark Sky Meter、Compass、Star map

Research point

It is the best that you measure from the place where you live normally. If possible, it is best if you have a clear view of most of the sky from there.

Weather of the research day

A clear day without any cloud is the best, however, you will not have many observations. Just take notes on the observing report sheet like "In the eastern heavens thin clouds" when there is a cloud.

Research directions of the sky

Make observations at the zenith and in the directions north, south, east and west at ten degrees altitude, using standard stars such as the Pole Star, Mizar, the Cassiopeia γ, Vega Altair Deneb, Pegasi α, Formalhaut Aldebaran Capella, and the Arietis α and record your observations on the Observing Report Sheet. When you can not measure all the directions, just check the direction of zenith. You can measure"The ten degrees" of north, south, east, and west like this: when you stretch out your arm and clench your fist, when your little finger is level with the horizon, then the thumb becomes about ten degrees. Moreover, when when peeping through the Dark Sky Meter, the field of view of the scope is about seven degrees from one side to the other.

Before the research

Sit in a darkened area for a while, to allow your eyes to become dark-adapted. When you need light to write the results on paper or to see a star map, use a red light torch.

Downloads
Instruction for Dark Sky Meter
PDF480KB
Observing Report Sheet
PDF264KBEXCEL20KB
Related reports
Ito, Y. and Takata, T. : Environmental Measurement of Light Pollution by Dark Sky Meter
PDF776KB Miyagi University of Education Annual Reports of Environmental Education (2004)
Articles
2007年9月12日 大崎タイムス ロ-カル版
 「夜空メーター」高評価
13 December, 2005 The Mainichi Local News
 Development of a Handmade Dark Sky Meter
11 December, 2005 The Mainichi Newspapers
 Notebook
Research results

Under construction

Related Newsletters(JP ONLY)

Letter No.24 Letter No.23 Letter No.21 Letter No.11

Experiments

The Effect of Light Pollution

Get a Dark Sky Meter

Please mail us if you can cooperate in the environmental investigation of the night sky.

Dark Sky Meter Project E-mail adress mueit_v01@yahoo.co.jp